東京のレンタルオフィスを徹底比較!おすすめの貸しオフィスをランキング形式でご紹介します。

ひとり作業、はかどってる?集中できる環境づくりをしよう

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/09/15

リモートでの仕事では、仕事が捗る環境作りが重要です。効率よく作業ができて、さらに心身へのストレスが少ない環境で働けば、仕事のパフォーマンスも向上するでしょう。そこで注目されているのがレンタルオフィスの活用です。よりよいひとり作業の環境づくりとして、レンタルオフィスを取り入れる魅力や活用方法について紹介します。

レンタルオフィスなら気分転換しながら働けます

自宅にてひとり作業をする場合に、どうしてもダラダラと過ごしてしまい集中できない人も多いはずです。自宅ではオンオフの切り替えもしにくいのが現状です。メリハリを付けて仕事をしたいのであれば、レンタルオフィスでの仕事がおすすめといえます。

レンタル形式であれば実際に借りる家賃よりもずっと安価に借りることができるのが大きなメリットです。自宅よりもシンプルで洗練された環境は、まさにひとり作業に最適ではないでしょうか。

レンタルオフィスはWi-Fiやプロジェクターなどの設備が整っているところも多いです。さらに場所によっては周囲がオフィス街や駅近くもあり、休憩時間に外へ出て外食するなどできて便利です。レンタルスペースといえども、オフィスにて働いているという気分になれることもモチベーション維持につながるでしょう。

自宅とレンタルオフィスとの行き来も、環境をうまく変えることができて気分転換になるはずです。誰もいない空間で仕事に集中できますし、借りられる時間が限られているのでメリハリが付くのです。自宅でのひとり作業がやりにくいと悩んでいる人は、レンタルスペースで仕事をしてみてはいかがでしょうか。

心身に快適な環境が整いやすいです

ひとり作業は心身にストレスを与えないことも重要です。そのためには作業のしやすい椅子やテーブル、整理整頓しやすい設備などが必要になってきます。

自宅で仕事をする場合、今ある食卓テーブルを代用する人も多いのではないでしょうか。本来食事に使うテーブルと、パソコン作業などをするためのデスクとでは使用目的が異なります。それゆえに、仕事をするには使いにくいはずです。

レンタルオフィスであれば、作業目的の椅子や机が用意できます。座る位置の調節機能が付いていたり、クッション性のある椅子が備えられていたりと仕事がしやすいのです。自宅から、座り続けるのに腰を痛めないようにクッションを持参するのもよい策といえます。

デスク周りに関しても、自宅の場合はCDや雑誌など気が散るものが溢れているのではないでしょうか。レンタルオフィスというシンプルな空間は余計なものもなく、デスク上の整理もしやすいです。腰を据えて短時間集中型で作業をするには、最適な環境といえるでしょう。

パソコン作業がはかどるためには、疲れにくいキーボードやマウスパッドを取り入れることもよい方法です。ノートPCとは別に個別のPCモニターを取り入れるなどの方法で、よりいっそう仕事の効率が上がります。効率が上がれば心身へのストレスも軽減します。レンタルオフィスで心身に快適な働く環境を実現しましょう。

室温や照明など過ごしやすい工夫をしましょう

仕事に集中するためには、働く環境の室温や湿度、照明の明るさなども考慮しなければなりません。暑すぎたり寒すぎたりすると、体調にも問題が生じますし作業のパフォーマンスにも悪影響が出てしまいます。また自宅の場合は、キッチンからの匂いなども気が紛れてしまう原因です。

いずれにせよ、レンタルオフィスの空間であれば空調も行き届いて過ごしやすいオフィス環境でいられるのです。部屋の匂いもほとんど無臭でこれといって物音も聞こえず、気が散る要素が少ないといえます。空気清浄機を置くなどの工夫をすれば、よりいっそう理想的な作業空間になることでしょう。

またデスクワークなどの場合は、目が疲れにくい明るさ調整も必要です。関節照明ではない、適度な明るさの中で作業することが望ましいです。レンタルオフィスの照明は、自宅の食事用の照明とは異なり作業向きといえます。レンタルスペースなので光熱費を毎月払うなどの負担もかかりません。必要に応じてレンタルして、過ごしやすい室温や照明の中でしっかり集中して作業ができるのです。

 

なかなか自宅でのひとり作業は、仕事に集中できる環境が揃っていないのが現実です。音や匂いをはじめ気が散る要素が多いですし、食事用テーブルをパソコン台に代用するなどの無理も見られます。

集中できて心身にもストレスなく、オンオフのメリハリも付けやすい環境が欲しいならレンタルオフィスが最適です。空調も整っており、作業に適した椅子やテーブルも借りることができます。余計なものがないシンプルな空間は、しっかりと作業に集中できるに違いありません。

さらに自宅から腰痛防止のクッションや疲れにくいマウスパッドなどを持参することで、よりいっそう充実した作業環境が整うことでしょう。高い家賃や光熱費を毎月払う必要もなく、必要に応じて作業環境を手に入れることができるのです。

【東京】おすすめのレンタルオフィスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名CROSSCOOP(クロスコープ)Business-Airport(ビジネスエアポート)WeWORK(ウィーワーク)SERVCORP(サーブコープ)Regus(リージャス)
特徴集中して業務に取り組める落ち着いた環境ビジネスコンシェルジュによるきめ細やかなサポート利用者同士の交流を重視ビジネスのPRやメンバー同士交流のできるコミュニティ世界最大規模の3,000以上の拠点を持つ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧