東京のレンタルオフィスを徹底比較!おすすめの貸しオフィスをご紹介します。

フリーランスのレンタルオフィスの利用例

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/22


多くの人が憧れている仕事の仕方というのが、パソコンを使って場所を選ばす作業をするフリーランスです。喫茶店などで見掛けていいなと思われる職業の一つですが、案外本人たちは働く場所に悩んでいる場合が多いのです。そこで近年使われ出したレンタルオフィスが注目を集めていて、どういった使われ方をされているのか見て行きましょう。

喫茶店で作業出来る仕事が増えてきた

パソコンとネット環境さえあれば作業出来る仕事には、ライターやプログラマー、デザイナーなどがあります。どれも実際にはクライアントが必要な仕事ですが、作業自体はパソコンを操作出来ればいいのでつまり会社に所属せずに自宅でも可能です。ただ、作業してみると自宅というのはテレビや漫画、雑誌など誘惑が多いために、なかなか作業が進まないと言われています。

そこで多くのフリーランスの人は喫茶店で仕事をする様になりました。これはそういった人達が登場し出した当時は不思議な目で見られているだけでしたが、やや増えて来るにつれて邪魔者扱いされがちになってきます。 もちろん当事者達は時間帯を気にしたり、注文せずに長時間いたりせずに適度に注文していたりするのです。

いくら長時間がマナー違反と言っても、午後の昼下がりで店内に客がまばらのときに利用するのは問題ないでしょう。こういったものは店員よりは他の客からの視線が問題になってくるものであり、ネットなどで声が集まるにつれて肩身が狭くなって言っているのです。

しかし世の中の流れはパソコンの普及によりアナログからデジタルに移行しており、そういった仕事は増えています。そこで、その需要に目を付けた人達が始めたのがレンタルオフィスという空間です。喫茶店で作業する様な人達だけに便利に使ってもらえるスペースで、当日料金と月額料金を用意して使いやすい仕組みになっているのです。

レンタルオフィスにある施設やサービス

フリーランスの仕事というのはどうしても不安定になってしまいます。ただ、半年先のことは分からなくても今月中の動きは分かります。レンタルオフィスはその様な形態の仕事にも対応しており、月ごとの契約が可能なのです。これは賃貸オフィスの事を考えると非常に使いやすい仕組みと言えるでしょう。

一か月借りて利用した後に、また仕事がしばらくなかったら解約すればいいだけなのです。 設備としても喫茶店というほどではないですがレンタルオフィスは充実しています。

まず電源と無線ネット環境は欠かせません。これは追加料金を取るレンタルオフィスはなく、当然あるものとして設置されています。そしてちょっとした給湯システムも大体のところは付いており、休憩所を席とは別に設けて昼休みを取れるようにしています。

ここにトイレがあって、あとはオプションというところでしょうか。オプションにはライトがあったりロッカーがあったり、場合によってはしっかりとした喫茶店システムのあるところもあります。

そういったところでは本当に喫茶店気分で仕事が出来る為、元々の目的に即した利用が可能なのです。レンタルオフィスも競合が増えていて他との差別化をするところが増えて来ており、ジャンルを絞った客を呼んだりと様々な形態のものが登場しています。しかし基礎となる部分ははっきりしており、フリーランスに使いやすいシステムなのです。

自由に時間を使えるフリーランス

実際の使用例を考えると、フレックスタイムのもっと凄いバージョンと考えれば近いかもしれません。フリーランスは行くべき会社がないため、出社するかどうかも自分で決められるのです。自宅では集中出来ないという理由でレンタルオフィスを借りているだけで、気分によっては自宅で作業が出来るからと行かなくてもいいのです。

例えば台風が来ていて流石に外に行くのが億劫というときはいかないでもいいですし、月額料金なので気にする必要もありません。 レンタルオフィスは基本的に席がフリーなので、自分が行かなければ代わりに誰かがその席を使うだけです。

そしてまた行ける日に行って、利用方法はいつから開始してもいつ終わってもいいという自由な状態です。お昼の時間を自由に出来るというのも大きな利点であり、12時からの混み入った時間帯を避けて外食を利用出来るのもフリーランスの強みと言えるでしょう。行きや帰りも電車の混む時間帯を避けることが簡単で、寝坊してしまったとしても誰に気兼ねすることもありません。

フリーランスの仕事というものはこれだけ自由だからこそフリーであり、安定しない職業だと分かっていても憧れる人の多い職業なのです。そして、その仕事場に使えるレンタルオフィスでの仕事というものも同様に憧れの対象になっていて、様々な業種で利用されています。必ずしも安定していないものの、将来はそういった仕事をしたいと思っている人は多いでしょう。

 

人口の多い東京では特にレンタルオフィスが増えています。ネットとパソコンがあれば仕事出来るとはいえ、打ち合わせなどでどうしても東京は離れられない場合が多いからです。東京では既に競合が多く発生して差別化しているところもあり、これからも東京のレンタルオフィスは増え続けるでしょう。

【東京】おすすめのレンタルオフィス!

商品画像
商品名Business-Airport(ビジネスエアポート)WeWORK(ウィーワーク)SERVCORP(サーブコープ)Regus(リージャス)WORK STYLING(ワークスタイリング)CROSSCOOP(クロスコープ)
特徴ビジネスコンシェルジュによるきめ細やかなサポート利用者同士の交流を重視ビジネスのPRやメンバー同士交流のできるコミュニティ世界最大規模の3,000以上の拠点を持つ法人利用に特化している集中して業務に取り組める落ち着いた環境
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧