東京のレンタルオフィスを徹底比較!おすすめの貸しオフィスをご紹介します。

CROSS OFFICE(クロスオフィス)の画像1

会社名 オリックス株式会社
設立 1964年4月
所在地 東京本社
〒105-6135
東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル
03-3435-3000(代表)

大阪本社
〒550-0005
大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル
06-6578-1600(代表)

代表者 取締役 兼 代表執行役社長・グループCEO 井上 亮
決算期 3月
株主資本 2,993,608百万円
従業員数 31,233名
発行済株式の総数 1,324,629,128株
上場証券取引所 (国内)東京証券取引所 市場第一部(証券コード:8591)
(海外)ニューヨーク証券取引所(証券コード:IX)
おすすめポイント1名や少人数で利用したいと思っている方におすすめ
クロスオフィスは、オリックスが運営しているレンタルオフィスです。東京都内に7拠点展開しており、拠点ごとにプランや設備・サービス内容が異なっているのが特徴です。

拠点によっては10名以上入居できる中規模な個室もありますが、基本的には1名~少人数向けのプランがメインとなっています。コワーキングスペースのみを契約できるプランもあり、都合に合わせてすべての拠点を自由に利用することができます。

CROSS OFFICE(クロスオフィス)の画像

CROSS OFFICE(クロスオフィス)

1名や少人数で利用したいと思っている方におすすめ

公式サイトで詳細を見る

拠点によって設備やプラン内容が異なるので注意!

クロスオフィスは、日本のオリックス株式会社が運営しているレンタルオフィスです。日比谷、六本木、新宿、内幸町、三田、渋谷、渋谷メディオという7拠点があります。

基本的には、1名用のコワーキングプラン、1名用の専用デスクプラン、1名~2名向けのサービスオフィスプラン(個室)という3つのプランになっていますが、拠点によって専用デスクプランがなかったり、サービスオフィスプランに少人数向けと大人数向けの2パターンがあったりと、プラン内容が異なります。

また、家具・什器が完備されている拠点と完備されていない拠点があったり、コワーキングスペースの広さや充実度に差があったりと、拠点ごとに設備やサービス内容が違うといった特徴があります。

クロスオフィスを契約する場合には、どんなプランや設備・サービス内容を希望するかを明確にしておき、どの拠点であればその希望を満たすことができるのかをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

CROSS OFFICE(クロスオフィス)の画像

CROSS OFFICE(クロスオフィス)

1名や少人数で利用したいと思っている方におすすめ

公式サイトで詳細を見る

1名~少人数向けのプランに力を入れている

クロスオフィスは、ビジネスの成長に合わせて容易にプランを変更することができます。具体的には、コワーキングスペースにて企業準備を始め、創業と同時に有料の法人登記を利用。事業の拡大にともなって専用デスク、サービスオフィスへとプランを変更しながら利用し続けることで、住所や電話番号を変更することなくオフィス空間を拡張することが可能です。

それでは、クロスオフィスが特に力を入れている1名~少人数向けのプラン内容について具体的にご紹介しましょう。

コワーキングプラン

渋谷メディオを除く6拠点でコワーキングプランを利用できます。コワーキングプラン会員は、都合に合わせて6拠点すべてのコワーキングスペースを自由に利用することができます。メインで利用する契約拠点では24時間365日、それ以外の5拠点では平日9:00~17:00の時間帯のみ利用可能です。なお、月額料金は3万円となっています。

専用デスクプラン

日比谷と三田の2拠点で利用できるプランです。プライバシーに配慮しつつも開放的なブースタイプの固定席となっています。それぞれの専用デスクには、いす、施錠可能なキャビネット、郵便ポストが完備されています。法人登記やコワーキングスペースの利用も可能です。なお、月額料金は日比谷が8万5,000円~9万5,000円、三田が7万円となっています。

サービスオフィスプラン

日比谷、六本木、新宿で利用できる、1名~2名向けの個室プランです。遮音性やセキュリティに優れた完全個室タイプとなっています。コワーキングスペースの利用も可能です。なお、月額料金は日比谷が13万3,000円~38万円、六本木が12万3,000円~、新宿が5万7,000円~となっています。

CROSS OFFICE(クロスオフィス)の画像

CROSS OFFICE(クロスオフィス)

1名や少人数で利用したいと思っている方におすすめ

公式サイトで詳細を見る

設備やサービス内容について

クロスオフィスの設備やサービス内容についてご紹介しましょう。なお、ここでは六本木オフィスのホームページを参考にしています。拠点によっては設備やサービス内容、料金が異なる場合がありますので、詳細は各拠点のホームページを確認するか、お問い合わせをしてみてください。

無料(賃料に含まれる)の設備・サービス

〇レセプションサービス
平日8:30~18:00は受付スタッフが常駐しており、来客対応を行ってくれます。また、郵便物や宅配便の不在票を預かり、貸室またはロッカーへ届けてもらうことができます。

〇インターネット
共用のWi-Fiを利用できます。貸室内には個別に回線を敷設することも可能です。

〇電話ブース
携帯電話やスカイプでの音声通話は専用の電話ブースを利用することができます。

〇ルームクリーニング
貸室は週に1回バキューム清掃を実施しています。

〇シュレッダー
機密文書などもコストをかけずに安全に処分することができます。

〇ドリンクサーバー
コーヒーサーバーとウォーターサーバーを利用することができます。

〇水道光熱費
水道光熱費も賃料に含まれているため、追加請求はありません。

〇家具・什器
貸室内に机、いす、キャビネット、内線電話などが完備されています。

〇法人登記
法人登記にかかる費用も賃料に含まれています。

〇防災備蓄
万一に備え、飲料水や非常食が用意されています。

〇サインプレート
貸室入口にサインプレートを掲示することができます。

〇ガジェット貸出
充電器、コネクターを借りることができます。

有料(オプション)の設備・サービス

〇カンファレンスルーム
会議室を30分1,000円~利用することができます。モニターやホワイトボードの利用は無料です。

〇ゲスト利用
コワーキングスペースに来客者を入れることができます。

〇イベントスペース貸し切り
コワーキングスペースをイベントスペースとして30分7,500円~貸し切りで利用することができます。音響設備の利用は無料です。

〇ロッカー
月額1,500円~専用ロッカーを利用することができます(コワーキング会員向け)。

〇ティーサーブ
ミネラルウォーター・冷茶・コーヒーを会議室へ届けてもらうことができます。

〇複合機
プリント・印刷を有料(モノクロ10円/カラー50円)で利用することができます。スキャンの利用は無料です。

CROSS OFFICE(クロスオフィス)の画像

CROSS OFFICE(クロスオフィス)

1名や少人数で利用したいと思っている方におすすめ

公式サイトで詳細を見る

まずは「内覧予約」をしてみよう!

1名~少人数向けのプランがメインのクロスオフィス。拠点によってプランや設備・サービス内容が異なるなど若干分かりづらい部分もありますが、日本の大手企業が運営しているという安心感はあります。

クロスオフィスが気になった方は、電話またはメールフォームにて内覧予約をしましょう。拠点によっては、賃料が3か月間無料になるフリーレントキャンペーンや、口コミを投稿することで入会金が無料になるキャンペーンなどを実施していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

東京都内レンタルスペース情報

クロスオフィス日比谷

住所:東京都千代田区内幸町2丁目
アクセス:霞ケ関C4出口直結

クロスオフィス六本木

住所:東京都港区六本木7丁目
アクセス:六本木駅徒歩2分

クロスオフィス新宿

住所:東京都新宿区西新宿7丁目
アクセス:新宿駅西口徒歩5分

クロスオフィス内幸町

住所:東京都港区西新橋1丁目
アクセス:内幸町駅徒歩2分

クロスオフィス三田

住所:東京都港区芝5丁目
アクセス:三田駅徒歩3分

クロスオフィス渋谷

住所:東京都渋谷区渋谷1丁目
アクセス:渋谷駅徒歩4分

他多数

サイト内検索
記事一覧

【東京】おすすめのレンタルオフィス!

商品画像
商品名Business-Airport(ビジネスエアポート)WeWORK(ウィーワーク)SERVCORP(サーブコープ)Regus(リージャス)WORK STYLING(ワークスタイリング)CROSSCOOP(クロスコープ)
特徴ビジネスコンシェルジュによるきめ細やかなサポート利用者同士の交流を重視ビジネスのPRやメンバー同士交流のできるコミュニティ世界最大規模の3,000以上の拠点を持つ法人利用に特化している集中して業務に取り組める落ち着いた環境
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく