東京のレンタルオフィスを徹底比較!おすすめの貸しオフィスをランキング形式でご紹介します。

東京のレンタルオフィスの家賃相場

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/28

東京にレンタルオフィスを借りる際、家賃は少しでも抑えたいのが当然です。どうしても都心である以上安くはありませんが、相場としてはどれくらいが妥当なのでしょうか。東京でもアクセスのよいエリアから離れれば利便性は悪くなりますが、コストは下げられます。兼ね合いで落としどころを見つける必要がありますので、調べてみましょう。

東京23区の人気エリアを紹介します

東京23区のレンタルオフィスで人気のエリアは、千代田区、中央区、港区などのほか、新宿区、渋谷区エリアとなっています。

千代田区は特別区で国会議事堂など主要政府機関や皇居などもあり、大企業がひしめく場所です。賃料相場をざっと見てみると50坪から100坪で20万円程度、200坪以上で30万円程度とそう高くない印象もありますが、物件があまりないのが痛手でしょう。

中央区は銀座などもあり、賑わいのある場所ですが、50坪から100坪で20万円程度、200坪以上で28万円程度です。港区は中央区よりもう少し高く、50坪から100坪で22万円程度、200坪以上で32万円程度です。こちらも大手企業が多く集まる場所になっています。

新宿区や渋谷区は商業施設も多く、単なるオフィス街とは一線を画す立地になるのが特徴でしょう。新宿区は渋谷区よりは多少低く、50坪から100坪で18万円程度、200坪以上で25万円程度です。渋谷区はイメージよりも高い印象で、50坪から100坪で26万円程度、200坪以上になると34万円程度になります。交通アクセスがよく便利で名前の知られた土地ということもあり、高くとも人気の変わらない立地といえるでしょう。

また、青山や渋谷エリアはデザイン系の業種に非常に人気があり、秋葉原へ抜けて行くエリアにはIT企業も多く集まっています。そうした企業との連動も考えると、やはり渋谷や青山はオフィスを構えるのに都合のよい土地で、今後も家賃が下がる要素は見当たりません。

ビジネス区から離れた場所に人気上昇エリアがあります

前述した区はいわゆる東京のビジネス区と呼ばれるエリアで、どう転んでも地代は高くなりがちです。そこで、最近、人気が急上昇しているのが首都と隣接する県の近くのエリアです。東京と千葉、東京と埼玉、東京と神奈川というように、アクセスの入り口として便利な立地に注目が集まっており、中心地からやや外れた物件がねらい目となっています。

たとえば埼玉からの入り口にあたるのが浅草エリアです。浅草は台東区にありますが、台東区の相場で見ると、50坪から100坪でも14万円程度とコストを抑えた物件を探すことができます。大型物件がなかなか見つけにくいのが難点ですが、規模によってはねらい目といえます。

また千葉の入り口にあたるのが錦糸町ですが、錦糸町は墨田区です。墨田区の賃料は50坪から100坪で14万円程度、200坪以上でも20万円程度とかなりコストが抑えられます。神奈川からの入り口は蒲田などになりますが、蒲田のある大田区は50坪から100坪で12万円程度、200坪以上でもなんと14万円程度の物件も探すことができます。

こうした入り口にあたるエリアは実はアクセスもよく、オフィス生活を支える基盤も充実しているため会社を構えてもなんら困ることはありません。名前ばかりで人気のあるエリアで高い賃料に苦しむよりは、使用料に負担がかかりにくい入口エリアに構え、ランニングコストを圧縮するのも有効な手段といえるでしょう。

視点を少し変えるだけで、実は割安で都心へのアクセス抜群のエリアに事務所を構えることが可能です。

山手線エリアにも穴場といえるエリアがあります

それでもやはり山手線沿いは外せないという場合、同じ山手線エリアでも新宿や渋谷を避けることで比較的穴場といえる場所があります。たとえば新宿をあえて外し、駒込や御徒町といったエリアに目を向けるだけで、金額は大きく変わってきます。

同じ考えで東陽町や錦糸町まで少しエリアを広げると、山手線そのものからは外れますが、その分賃料はかなり抑えられることになります。同じ広さでも家賃が安い、または家賃が同じなら面積が広いといったコスト得が発生するでしょう。

御徒町は前述した台東区の相場になります。駒込は豊島区ですので、50坪から100坪で18万円程度、200坪以上で22万円程度となります。東陽町は江東区で、50坪から100坪で11万円程度、200坪以上でも15万円程度です。錦糸町は前述した墨田区の相場になります。

東京のレンタルオフィス相場としては、やはり山手線内、都心中央部のエリアがもっとも高く、同じ山手線エリアでもそこを外れると大幅に安く使用できるようになります。これを知ったうえで探すのとそうではないのとでは大きな差になりますので、情報を集める際には最初から名前だけでエリアを限定せず、もう少し広い視野を持つのがおすすめです。

 

東京のレンタルオフィスを借りる際、気になる家賃について解説しました。交通のアクセスがよく、いわゆるビジネスエリアと呼ばれる立地は家賃も高くなりますが、少し目線を変えるだけで同じ山手線でもコストが大幅に圧縮できる場合が少なくありません。

また近年、近県との入り口にあたるエリアにも注目が集まっており、隣接県にも都心にもアクセスが便利な場所にコストを抑えてオフィスを構えるという選択肢も増えています。情報を収集する際には最初にエリアを限定しすぎず、広い視野で検討するのがおすすめです。

【東京】おすすめのレンタルオフィスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名CROSSCOOP(クロスコープ)Business-Airport(ビジネスエアポート)WeWORK(ウィーワーク)SERVCORP(サーブコープ)Regus(リージャス)
特徴集中して業務に取り組める落ち着いた環境ビジネスコンシェルジュによるきめ細やかなサポート利用者同士の交流を重視ビジネスのPRやメンバー同士交流のできるコミュニティ世界最大規模の3,000以上の拠点を持つ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧