東京のレンタルオフィスを徹底比較!おすすめの貸しオフィスをランキング形式でご紹介します。

サテライトオフィスとしても人気のレンタルオフィス。その理由とは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/15

社員をすべて本社だけに集め、ビジネスを行うのは効率が悪いケースがあります。本社以外の場所にオフィスをもう一つ作り、そこでも働いてもらうほうが効率アップとなることも。サテライトオフィスを探しているのなら、レンタルオフィスの活用を考えましょう。さまざまな観点で利便性が高いサービスなので、サテライトオフィスとしても人気です。

レンタルオフィスはとにかく安く借りられる

レンタルオフィスをサテライトオフィスとしておすすめできるのは、とにかく安く借りられるようになっているからです。初めてサテライトオフィスを導入しようとする会社は、本当に作業効率が上がるのか疑問に思っている場合もあるでしょう。

しかしそれを判断するために新しく事務所を建てたり貸事務所を契約したりするのは、導入を失敗したときのデメリットが大きいです。事務所を建てるのはもちろん、貸事務所の契約もそれなりに費用がかかるので、失敗すればかなりのお金を無駄にしてしまうでしょう。

レンタルオフィスなら、月あたりの料金が非常にリーズナブルなため、失敗したときの損害を低く抑えることができます。しかも、短期間の契約が可能なため、やめたいと思ったときにすっぱりとやめられるのも魅力だといえるでしょう。したがって、サテライトオフィスをお試しで導入してみたいと考えている会社にも、レンタルオフィスはとてもおすすめができます。

なお、賃貸料の詳しい金額は物件を説明するページに詳しく載っていて、月あたりの費用はもちろん、初期費用も分かるようになっています。本当に安い価格で借りられることが分かるため、利用するかどうかを迷っているのならチェックしてみましょう。

利便性がよいところにあるのがレンタルオフィス

サテライトオフィスを作業効率アップのために導入するのなら、通いやすさはとても重要になるでしょう。本社よりもずっと不便なところに用意してしまうと、作った意味が失われて、結局は失敗してしまうかもしれません。しかし、レンタルオフィスならば、利便性の高いところに用意されているため、通いやすさはピカイチだといえます。

ほとんどのところが駅の近くにあるため、通いにくいと感じることは少ないでしょう。ただ、駅の近くにあるといっても田舎のほうにあったのでは、活動に支障がでると考えるかもしれません。もしかすると、賃貸料が安いのでそのように感じるかもしれませんが、実際のところレンタルオフィスはビジネス街に用意されていることが多いです。

オフィスというワードを使っているのですから、働きやすい立地にあるのは当たり前のことだといえるでしょう。いわゆる一等地といわれているところの駅の周辺にあるため、決して田舎にあるわけではありません。

東京のビジネス街の一等地というとても利便性のよいところにもレンタルオフィスはあるので、きちんと選定すれば通いにくいと感じることはないでしょう。虎ノ門や丸の内などの日本で最大級のビジネス街にもたくさんあるので、ビジネス活動を阻害することはないはずです。

必要な設備が用意されているのがレンタルオフィス

オフィスを引っ越す場合は、今まで使ってきたデスクやチェアなどの設備を移動させればよいだけです。しかし、サテライトオフィスを新しく用意するのなら、設備も新しく購入しなければいけません。その金額は馬鹿にならないので、サテライトオフィスを導入するための初期費用に頭を悩ませている方もいるでしょう。

しかし、レンタルオフィスならば設備がすでに備わっているため、自分たちで購入する必要はありません。まず、デスクとチェアは間違いなく人数分用意されているので、必要最低限のものは揃っているといえます。

そして、物件によってはインターネット回線やホワイトボード、そして複合機なども揃っています。どのような設備があるのかはそれぞれのところで異なるため、しっかりと調べてから契約しなければ、新しく購入することになるでしょう。

ちなみに、サービスの一環として、同じ建物のなかにある会議室を借りられるところもあります。もしも、他社から誰かを呼んで会議をするのなら、レンタルオフィスのなかというワケにはいかないので、申し込むことで利用ができる会議室があったほうが便利でしょう。

 

レンタルオフィスは、立地がよいのにとにかく安く借りられるため、サテライトオフィスを導入したい会社から人気になっています。すぐにビジネスが始められるように、各種の設備が揃っているので、今すぐにでも始めることだってできます。

なお、レンタルオフィスはスペースが狭いと考えるかもしれませんが、最近では20名以上にも対応しているところがあります。つまり、大人数でも問題なく利用できるので、それなりに人数がいてもサテライトオフィスとして大活躍してくれるはずです。何人まで利用できるのかは物件を説明するページに載っているため、きちんと調べて、手狭にならないように余裕があるところを借りましょう。

【東京】おすすめのレンタルオフィスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名CROSSCOOP(クロスコープ)Business-Airport(ビジネスエアポート)WeWORK(ウィーワーク)SERVCORP(サーブコープ)Regus(リージャス)
特徴集中して業務に取り組める落ち着いた環境ビジネスコンシェルジュによるきめ細やかなサポート利用者同士の交流を重視ビジネスのPRやメンバー同士交流のできるコミュニティ世界最大規模の3,000以上の拠点を持つ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧