東京のレンタルオフィスを徹底比較!おすすめの貸しオフィスをランキング形式でご紹介します。

レンタルオフィスを利用するときはどんなとき?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/28

最近人気となっているレンタルオフィスのサービスは、賃貸オフィスよりも手軽に低コストでオフィス環境を借りられます。ビジネスに必要な備品(椅子やデスク、事務機器)もあらかじめ備え付けてあるので購入する必要がありません。初期費用を抑えられるためこれから起業される方、起業したばかりの会社にもおすすめです。

利便性や柔軟性が高いのが特徴です

レンタルオフィスが始まったのは1980年代といわれています。90年代に入るとバブル崩壊を経て、21世紀ごろに「IT革命」が起こります。携帯電話やインターネットが普及し、働き方が多様化したことで新しい勤務形態も出てきました。現在では、民間企業や個人事業者の多くが利用して、かなりの賑わいを見せています。

利用する最大のメリットとしてオフィスにかかるコストが軽減される点でしょう。レンタルオフィスでは、通常なら個別にかかる管理費や水道光熱費が利用料に含まれています。いすや机などの備品もあらかじめ常設されているので購入する必要がありません。

OA機器もあるので初期の設備投資にかかる負担が少ないのが特徴です。会議室があるオフィスを使えば打ち合わせも可能なため、ビジネスに必要な環境が最初から揃えられています。これならビルの管理者からオフィスを借りるよりコスト面で優れているといえます。利用料は会社によって異なるので事前に確認しておくとよいでしょう。

レンタルオフィスは利便性が高いよい立地にあることも多いです。たとえば認知度の高いエリアや都心のターミナル駅近くに構えれば活動の拠点として有利になります。起業者も多いでしょうし人脈の幅が広がるきっかけにもなります。

あくまでレンタルなので都合に応じて利用形態を変更できるのも便利なところです。最初は共有スペースの利用にして、業務の拡大をするなら個室タイプのオフィスに変更する手もあります。同じオフィスを使えば住所変更も必要なく、最初の所在地のままで仕事を行えます。オフィス維持にかかる費用負担を抑えつつ、高い柔軟性があるのが大きな強みです。

追加料金がかかるか確認しておきましょう

レンタルオフィスにはある程度デメリットもあります。電話の代行や会議室の利用などはオプションになることが多く追加料金を支払う必要があります。オプションを多く使えばそれだけ出費も増えるので結果的に払いすぎてしまいます。オプションをよく使う企業には不向きといえるでしょう。反対にオプションをほとんど使わない方にとっては向いているといえます。

レンタルオフィスはレンタルなので内装の変更はほとんど不可能です。人によってはデザインが好みでない、スペースが窮屈に感じるといった問題があるかもしれません。

そして非常にレアなケースですが、レンタルオフィスを提供する会社が事業を終了する可能性もあります。サービスの提供が終了すればもちろん移転しないといけません。これは一般的な賃貸オフィスにも移転のリスクはあり得えます。長く使って生きたいならサービス会社は慎重に選ぶことです。賃料の安さだけに着目するのではなく、長く安心して借りられる会社を選びましょう。

活用すると便利な場面が多くあります

レンタルオフィスさまざまな場面で活用できます。まずはセミナーの活用です。セミナーを開催する際には、自社で広いオフィスを借りることになります。しかしセミナーは高い頻度で開催するわけではないでしょう。少ないセミナー開催のために高い家賃を払うことになれば結構な負担になります。レンタルなら多人数を動員したセミナーを行える会議室スペースを安く借りることができます。

自社オフィスの場合、天井まで仕切る会議室は作るのに数十万円かかってきます。そのため、天井は空けて会議室を作る企業が多いです。ですが天井が空いていると別の部屋に声が聞こえやすく大事な商談をするのが難しいです。レンタルの会議室は天井がきちんと仕切られているので安心です。

ホワイトボードやモニターなども事前に完備されています。他にも使用頻度が高くないけど購入費用が高いプロジェクターも安く利用できます。大事な商談やセミナーを行う企業であれば、ぜひ活用したいところです。

また、外資系企業も活用すると便利です。外資系企業では日本人の連帯保証人が必要となるため、通常のオフィスを取得するのはややハードルが高いといえます。ビザ取得の際に必要なオフィスが借りられないと困ってしまいますが、レンタルなら保証人が不要で簡単に借りられる物件も多くあります。

さらに、レンタルオフィスは長期の利用も可能ですが、短期で借りること可能ですので、短期間だけビジネスを行いたい人にはうってつけです。一定の時期だけ地方からスタッフを呼ぶなどして一時的にスペースが必要になっても問題ありません。その分の追加のスペースも借りられます。

 

レンタルオフィスはコストのリーズナブルさや手続きの簡単さなどのメリットがあります。立地もよい場所に設置されていることが多いので一等地でビジネスを始めたい人におすすめです。これから起業する人も既に起業している人にとってもビジネスのコスト対策は大事な要素となります。

今後のビジネスに向けて、使い勝手がよくコストに優れたレンタルオフィスの利用は便利なものが多いです。多少のデメリットに気をつければよりよい働き方ができるでしょう。

【東京】おすすめのレンタルオフィスランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名CROSSCOOP(クロスコープ)Business-Airport(ビジネスエアポート)WeWORK(ウィーワーク)SERVCORP(サーブコープ)Regus(リージャス)
特徴集中して業務に取り組める落ち着いた環境ビジネスコンシェルジュによるきめ細やかなサポート利用者同士の交流を重視ビジネスのPRやメンバー同士交流のできるコミュニティ世界最大規模の3,000以上の拠点を持つ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧